Wikiで果たして稼ぐ事ができるのか CWS wikiで稼ぐ方法 大橋慎也

天野です。

ちょうど先日、wikiで稼ぐ方法というものを知りました。

知人の知人がウィキで稼いでいるらしくて、
私自身も その手法を聞いてみたのですが
ウィキ文法が 鬼面倒臭い。

 

ただ、ウィキというのは、構造的にも
SEOに強く、コンテンツとしては、資産サイトになりやすいという
部分を持ち合わせています。

また、1つ1つのコンテンツも非常に作り易いです。

 

何故なら断片的でも、各ページに情報さえ詰め込まれていれば
ウィキというサイトの役割を果たしてくれるからです。

ちょうど今回、そんなウィキを使った稼ぎ方を紹介されて購入してみました。

 

初心者向けWIKIの仕組みで稼ぐ方法

 

セールスページを見る

 

実際には、ウィキそのものと違って、
wikiそのものの良いところだけを取り込んだノウハウで、
同時に そのウィキの良いところだけを取り込んだシステムを
構築してアクセスと報酬を増やす為の動力源を構築する段階でも
報酬も入るという2工程のノウハウでした。

 

1つめの段階で、ほぼ自動システムを使って
アクセスと報酬を積み上げて、CWSというシステムと
連携させるという流れです。

 

個人的には、物販やその他、アドセンスを含む
クリック課金や無料登録系、メジャーなジャンルで
これを使えば、相当 面白いと思います。

 

ジャンルによりけりですが、人名系、あるいはゲーム系などは
自動化に繋げる事もできるかもしれませんが
その他は、単調作業と言ってもご自身で構築する流れになると思います。

ただ、

ブログのように記事に時間もかけずに どんどんコンテンツを
増やし易いので、一見大変そうですが、やってみると意外に面白いと思います。

 

ウィキで稼ぐ為の手順とは?

 

例えば、ポケモンGOなどのゲーム名であれば
最初の自動システムでも関連したジャンルの自動更新システムを
どんどん作成していきながら アクセスと報酬を増やしていき、
その後に そのアクセスを CWSのシステムに送るという手順です。

 

CWSの収益や構築の動力源となるものを
自動システムで構築してCWSへのアクセスが活性化してくれば
どんどん手放しでもアクセスと報酬が安定してくるといったイメージです。

例えば、物販系や特化型をしていて、そのジャンルがゲーム系の場合は
全てCWSも その前の工程もジャンルはゲーム関連に絞って構築すれば
そのサイトへのアクセスを送る事もできるし、そこそこ効果の高い被リンクにも
なる筈です。

不特定多数のアクセスよりも、的を絞り込んだアクセスを送れる為に
非常に効果が高い結果に繋がると思います。

もちろん、それぞれに広告も貼っておけば より良いと思います。

また、ブログ更新との違いは、文章作りというものとは、異なって
何かを説明するだけ といった感じですので、
調べて書くの繰り返しで構築できるのです。

 

ブログでそういう記事を淡々と書いても高い効果はありませんが
wikiという名目であれば、そういった記事でも数が増せば、
質の高いコンテンツになるのです。

 

ブログのようでブログで無い。

ここには、WIKIの役割があるからでしょう。

 

物販系、あるいはトレンドなどでも 特化型ジャンルを
運営している人には、集客ツールとなりますし、
何も無い人の場合は、構築して広告収入を得ていく事が可能です。

もちろんWIKI文法は、覚えなくても構いませんが
ノウハウを取り組む中で 本当のWIKIも作りたいとなったなら
作成してみても、良いと思います。

 

今回は、特典もつけたかったわけですが、
一応、アドモールの2ティアオファーで紹介しておきます。

 

その内一般公開されると思いますが、
私自身、売って稼ごうとか、考えておりません。
ですから、読んで検証して、感じた事を書いてるだけです。

 

質問などが届いて、引っ張れば、報酬を得て稼げますが
あえて買う側の目線で見れば、安い事は最高の条件です。

 

おまけに、相応の強い特典が付属していれば、非常に良い条件で
これ以上の条件は、私は、出てこないと思います。

だからこそ、この段階で記事にしたというわけなのです。

 

私は、今、アフィリエイトマスタープログラム の
メールチェック程度で、少し情報系でも、
主にコンサルやリアルビジネスにも
手をつけていますので、自分から売れる、売れないは、
あまり考えておりません。

 

私、自分が見て、「面白い、可能性がある」と
確信できるものだけ、読者の方に紹介していますが
価格が安い間に手に取っておくと良いと思います。

 

こちらは小西さんの2ティアリンクで、小西さんのサイトですが、
特典も付随していて、今まで特典にも力を入れている方ですので
面白そう! と思われるなら、是非参加してみてください。
(私も小西さんから買いましたので・・・)

http://infofast.org/ng-admin/20160908032233.html

特典も作る暇もない・・という時には、
本当にアドモールの2ティアリンクって、便利だと感じますね。

 

興味ある方は、是非参考にして下さい。 それでは天野でした。

天野の副業メルマガ


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ